販売終了間近のED治療薬|バリフを買うなら今しかない!

レビトラと同じ有効成分を持つバリフは、通販購入できるED治療薬の中でも特に安価です。

どれくらい安いのか気になるなぁ!

数あるレビトラジェネリックですが、バリフは多くの男性に支持されています。販売停止中につき入手はやや困難になっているため、早めの購入がおすすめです。

レビトラならではの高い即効性を低価格で手に入れるためにも、バリフに関する詳細をご覧ください。

バリフは破格の値段で手に入る!

レビトラは現在も特許期間中なので、同成分を持つED治療薬は日本国内で売られていません。服用を希望している場合は通販(個人輸入)がおすすめです。

レビトラと同じような効果・即効性が得られるとして人気があるバリフ。その価格は非常にリーズナブルです。

レビトラ バリフ
1錠あたり 1,300円~ 200円~
1ヶ月換算(×28) 36,400円~ 5,600円~

バリフは1箱10錠入り。なんと1錠あたり200円で購入できます。

激安だー!1ヶ月分でも1万円を超えない薬ってなかなかないよ!

バリフの即効性はレビトラ譲り

バリフの詳細
1錠あたり200円という安さが魅力のバリフは、レビトラ同様にPDE5阻害薬としての働きを持っています。

PDE5とは血管拡張作用のある物質を抑制してしまう酵素です。バリフはこれを阻害し、血管を拡げてくれます。

どのED治療薬にもこの作用が備わっているのですが、バリフが優れている点はその即効性服用して20~30分で効き始めるため、効果が出るまでひたすら待つ必要がありません

レビトラの一番の魅力は早く効くってとこだよね。それが安く手に入るのは嬉しい!

食事もお酒もOKだけど・・・

バリフの有効成分は身体に吸収されやすいため、食事の影響で効果が半減しにくいと考えられます。

ただ、カロリーが高めの食事は避けた方がいいでしょう。脂が胃や腸のバリアとなり、有効成分の吸収を妨げる可能性があります。食事をするならあっさりとした軽食が無難です。

そして少量であればアルコールもOKですが、飲みすぎると薬が効かなかったり、その反対で効果が強く出すぎたりする恐れがあります。

バリフの優れた効果と即効性をしっかり感じたいなら、空腹時に飲むことがベストです。

バリフの副作用・併用禁忌薬

バリフの注意点
レビトラと同じ性質を持つバリフは、その即効性の高さゆえに副作用が現れやすいとされています。

頭痛鼻づまり動悸などの症状は血管拡張作用によって起こるもの。ごく稀に視覚異常(光に過敏になる・視界が青みがかる)が起こるケースもあります。

効果の発現に伴って副作用が出ることは珍しくなく、時間が経てば徐々に収まります。特に発現率が高い頭痛は痛み止めで緩和することが可能です。

用量は1日1回、最大1錠まで。過剰に服用すると副作用が強く出るなどのリスクが高まります。

また、血管障害などの病歴がある男性はバリフの服用を控えましょう。身体にかかる負担が大きくなり、重篤な副作用に繋がる恐れがあります。

以下の医薬品はバリフと併用することができないため、現在服用しているという方は要注意です。

バリフ(バルデナフィル)の併用禁忌薬
・NO供与剤(ニトログリセリン、硝酸イソソルビドなど)
・硝酸剤
・抗ウイルス薬(HIV治療薬)
・抗真菌薬
(感染症/水虫などの治療薬)

買えなくなる前に通販でGETしよう

バリフはインド産のED治療薬。製造元はアジャンタファーマ社というメーカーで、カマグラシリーズなどの有名な薬も手がける大企業です。

バルデナフィルという有効成分はレビトラと共通しています。水に溶けやすいため即効性が高く、服用してから最短15分ほどで効き始めるという特長が人気の理由です。

ただ、レビトラの製造元であるバイエル社の訴えにより、2017年にバリフの製造は停止されました。新たな薬を作ることができなくなってしまったのです。

2019年現在も製造が再開される目処は立っていません。

製造されなくなって結構経つな・・・。もしかして、もう買えなくなった?

製造済みのバリフに関しては販売が認められたため、現在でも購入できます。しかし売り切れが続出しているため、取り扱いがある通販サイトはわずかです。